【猫に飲ませやすくする方法】 ドロンタールを割って、小さくしてみた

錠剤(薬)を小さくしてあげるのは、猫が飲みやすくなる基本でしょう。

(無料オファー) 飲ませる方法のPDFレポート、記事をまとめたもの。

ドロンタールには、既に、割りスジが入っていますので、半分に割ってみます。手だけでは割れませんでしたので、スプーンを使いました。

スプーンの裏面を使って押し割ります。こちらのサイトを参考にしました。

これで、長さが、12mmから、6mmになりました。

ドロンタール
半分に割った、ドロンタール。もとは12mmだった。

 猫によっては、まだ、粒が大きいかもしれませんので、さらに、小さくしてみようとしましたが、手で保持できないので、これで断念しました。

これ以上小さくするのは、薬が粉々になるので、オススメしませんが、もし、さらに小さくするということであれば、ニッパーを使うのがいいでしょう。カッターではケガをしそうなのでおススメできないです。

また、いっそのこと、薬を粉々にして与えるというのも手です。

 カッターだけで、錠剤の厚み全部を切ろうとすると、たいてい、粒が粉々になってしまいますし、また、カッターで自分の指を切ってケガをしそうなので、オススメしません。

ドロンタールはこちらで、お得に購入できます。↓


ドロンタール(Drontal) 猫用

ジェネリック品(キウォフ)もあります。↓



ドロンタール ジェネリック(キウォフ、Kiwof) 猫用

ジェネリックのキウォフを実際に買って、どんなものか確認してみた→ こちら