ドロンタールのニオイを確認してみた(苦み)

(無料オファー) 飲ませる方法のPDFレポート、記事をまとめたもの。

 猫がドロンタールを嫌がって飲まない(食べない)理由は、おそらく薬が苦いためです。本当は、どれくらい苦いのかを口にして確認したいところですが、できませんので、ニオイでその様子がわかるか、私が確認してみます

包装からドロンタールを取り出して、ニオイを嗅いでみます。

ドロンタール
ドロンタールのニオイを嗅ぐ!

わずかにニオイがしますが、ほぼわからないといっていいでしょう。 コーティングが薬のニオイをブロックしているようです。

次に、粒を半分に割って、ニオイを嗅いでみます。施してあるコーティングは苦み低減の目的のようなので、錠剤を割ると、コーティングされていない面が露出するので、においやすくなるはず…

ドロンタール
結局、スプーンを使って割りました。

割ろうとしましたが、手だけでは割れませんでした。スプーンの裏面を使うと割ることができました。つまようじを下に敷いても割りやすくなると思います。試してみてください。

ドロンタール
ドロンタールの断面です。

割ってみても、ニオイはしませんでした

猫がいやがるのは、どうも、「苦み」のようです。人間が「味」を確認するのは難しいので、確認はここまです。

しかしながら、飼い主さんが、猫が飲みやすくなるようにと、ドロンタールを小さく割ると、コーティングのない部分が露出してしまい、直接、苦みを感じるようになるので猫が、嫌がってしまうようです。

ドロンタールはこちらで、お得に購入できます。↓
ドロンタール(Drontal) 猫用

ジェネリック品(キウォフ)もあります。↓



ドロンタール ジェネリック(キウォフ、Kiwof) 猫用

ジェネリックのキウォフを実際に買って、どんなものか確認してみた→ こちら